teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


50回記念総会

 投稿者:東京・前津  投稿日:2017年11月 8日(水)18時40分11秒
  11/5日、東京大浜郷友会、第50回定期総会(半世紀)、今年は大浜公民館・館長及び役員2人が参加していただいて唄・踊りを披露して下さいました、また、一昨年のとばらーま大会チャンピヨンの私の甥っ子も参加して、とばらーまを唄ってくれて、今年は、盛会に終える事が出来ました、、今年は33年生が大勢参加してくれました、来年2月の還暦祝いに向けて同窓会及び打ち合わせを行っていました、しかし残念ですが、35年生は豊川善光・前津善彦・私、3人だけでした、東京若子会は、消滅ですかね?、私も会長とし、あと1年任期が残っています、各郷友会の先輩・後輩の皆様方と、知り合いになれ色々勉強に成ります、まだまだ頑張りますよ。
?
 
 

還暦

 投稿者:  投稿日:2017年11月 6日(月)22時05分55秒
  東京若子会の集まりがよくないようですが、3年後には還暦、生歳祝が迫っています。
みんなが参加できるように、東京のほうでも準備よろしくお願いします。
 

東京大浜郷友会

 投稿者:東京・前津  投稿日:2017年10月31日(火)17時55分2秒
  ご無沙汰しております、皆様お元気でいらっしゃいますか?>
11月5日(日)東京大浜郷友会、50周年定期総会を行います、大浜郷友会は昭和43年10月6日旧大浜町の方々で設立、誕生したそうです。
大浜・平真・宮良・白保の方々です、10年くらいは一緒に年1回定期総会を行い先輩・同級生・後輩達とお酒を酌み交わし・八重山の唄・踊りで楽しんだ、いつの頃から知らないが、異論が起こり、各村々が独立したそうです、大浜村だけでも20・30年前までは、定期総会に100人近くの方々が参加されていたみたいですが、最近は、20・30くらいの人数で、淋しいものです、東京若子会も自然消滅かな?最近は、集まりもないので、総会時に集まろうと、声を掛けても、おとそた無し、悲しいものです、みんな元気頑張っているかー。


?
 

平成28年度

 投稿者:前津  投稿日:2016年 4月 4日(月)18時44分1秒
  平成28年度がスタートしました。
大中びとぅすんの皆さんは、どのような新年度になりましたか。
私は重職につき、昨年の倍以上の仕事量になりそうです。
 

大浜中学校の校門

 投稿者:前津  投稿日:2016年 1月16日(土)15時44分26秒
  久しぶりに大浜中学校に行って、びっくりしました。
なななななななななんと!
校門が移動していました。国道までの通学路が整備されて、校門が移動してました。
 

スポーツ大会

 投稿者:東京大浜郷友会・前津  投稿日:2015年 4月18日(土)17時45分32秒
  東京八重山郷友連合会
第29回スポーツ大会(ソフトボール大会)各郷友会対抗

日時:2015年5日5日(祝)子供の日  8:30 開会
場所;埼玉県狭山市上奥富1041番地
   国道16号線  狭山消防署裏側


わが、八重山・石垣出身有名人、具志堅用高さんも毎年の様に参加しております、用高さんにお願いすれば、サイン・ツーシット写真もありかも?
 又、懐かしい友、先輩・後輩たちとの出会いも、ありかも?、友人・知人をお誘いの上、ご参加下さい。

 

第15回東京八重山まつり

 投稿者:東京  投稿日:2015年 4月18日(土)16時07分44秒
  東京八重山郷友連合会
第15回東京八重山まつり

日 時:2015年4月26日(日)  13:00~ 受付12:00より
場 所:北とぴあ 13階 飛鳥ホール JR京浜東北線王子駅下車 北口徒歩2分
参加費:¥3,000  (一人当たり 弁当飲み物付き)
年会費:¥3,000

芸能&余興
 各郷友会提供による唄、踊り
 *特別出演
  東京八重山古典民謡保存会
  赤嶺精子舞踊研究所
 

新年度

 投稿者:前津  投稿日:2015年 4月 1日(水)17時55分33秒
  4月1日、新年度が始まりました。
10年ぶりに白保中に赴任。
4月1日と言えば、エイプリルフール。
朝から何か、笑える嘘を考えていますが、なかなか浮かばない。
みなさんは、笑える嘘言えましたか。

 

人が死んだ後に残るものは・・・

 投稿者:しげる  投稿日:2014年 9月25日(木)14時10分17秒
  ある人の物語です・・・
昨年の夏、父が突然亡くなりました。62才でした。あれから半年、満開の桜を見るたびに父の笑顔を思い出します。
父は15年ほど前から、毎年自分の歳の数の桜を全国に植え続けてきました。4人子供がいるのに家計を顧みない父に母は頭を抱えていました。私は父に、「桜を植える金があったら、もっと家庭にお金を入れてほしい」と訴えました。それでも桜を植え続ける父に、「いったい何のために桜を植え続けるているの?」と迫りました。すると、父はこう言いました。「人の命には限りがある。しかし、桜は私が亡くなったあとも生き続けるんだよ。何百年も先の人たちまて、みんなを喜ばせる事が出来るんだよ。一年に一度、桜の木の下で家族が集まって笑顔になれるんだよ。そして、自分の娘や息子に、「これはじいちゃんが植えたさくらだよ」って言えるじゃないか」父がなくなって2年経ったある日、家族と三重県に旅行に行った。そこではチューリップ祭りが開催されていて、場内にはチューリップ以外に桜を始め沢山の花が咲いていた。ふと、脇を見ると、シャベルの横にまだまだ桜とは言えないか細い木が2本植えてあった。
100年後僕らはここに居ません。でも、与えた物は受け継がれていく。
 

どっちがうれしい?どっちが幸せ?

 投稿者:しげる  投稿日:2014年 9月24日(水)12時33分10秒
  自分で花屋で買った花束と、誰かからプレゼントされた花束どっちがうれしい。当然、人からもらった花束がうれしいですよね。自分で自分にバラを買ったり、自分で自分にやさしい言葉をかけてもあまり心に響きませんよね。しかし、人からもらった気持ちやプレゼントは心に響きます。同じ物でもすごく響きます。
人が「持っている力」それは、自分を幸せにする力ではなく、「他人を幸せにする力」です。
私たちは、自分で自分を幸せなする力は与えられていませんが、人を幸せにする力は与えられています。ですから、自分に贈り物をするより互いにバラを買ってプレゼントし合う方が幸せに慣れのす。幸せとは・・・・分かち合うことです。
 

レンタル掲示板
/16