teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


書き込みありがとうございます

 投稿者:案山子  投稿日:2010年 6月29日(火)00時12分16秒 90.57.235.111.ap.yournet.ne.jp
  nobelsho様
書き込みありがとうございます。
ブログ拝見しました。
無農薬、無肥料・・・スゴイですね。
自分は、農薬嫌いですけど、
かといって、何か特別な資材を使って「無農薬です」
というのもなにか違うと感じています。
肥料の問題も、有機なら・・・という考え方もありますが、
有機肥料も化学肥料もケースバイケースで良いと思っています。
無農薬で作ると言っても、一定の資材を使わねば出来ないのだとしたら、
しかもそれは買わねばならないのだとしたら、
農業のプロとしては、「ちょとな~」という感じです。

ところで、なぜアゲハの幼虫は大丈夫なのですかね?
アゲハの幼虫も立派な害虫だと思うのですが・・・。
 
 

自然環境に安全な害虫対策

 投稿者:nobelsho メール  投稿日:2010年 6月22日(火)08時00分54秒 KD118152098071.ppp-bb.dion.ne.jp
  はじめまして 読んでいてまったりと好い気分になりました
おそらく歳も近いと思います 私は農薬等がどうしても好きになれず
様々な天然の物と害虫の関係を見てきました 無農薬7年目
無肥料4年目になりました お暇な時にでも覗いてください

http://blog.oh-no-club.jp/

 

天候不順

 投稿者:案山子  投稿日:2010年 5月27日(木)23時16分34秒 29.192.145.122.ap.yournet.ne.jp
  今年はまだまだ、天候が変ですね。
この数日も、雨ばかり。
母など「もう梅雨か?」
などと言い出す始末。
気温も低めだし。
かといって、晴れると30度とかだから、
人間だけでなく、
作物も動物も調子が狂ってしまうのだろうなと思います。

今年の梨の出来は、痛いなぁ。
かなりの設備投資が必要な作物だけに、
例年の半分以下なんて事になったら、経済的に厳しい。
それに今から、販売をどうしようか?と
頭が痛いです。普通に考えて、長年のお得意様でも
あぶれる人が出来ちゃう感じですからね。
まぁ、出来ることをやるしかない訳ですが・・・。
 

どもども・・・

 投稿者:AYA  投稿日:2010年 5月23日(日)20時33分59秒 premium220-47.across.or.jp
  梨の被害も深刻なんですね。
3月~4月はいろいろな生命が芽吹くための年間の中で最も大切な時期なんだったんだなぁ
と、改めて思い知らされています。

口蹄疫のニュースに至っては、畜産農家にとっても、家畜にとっても、
悲痛きわまりありません。
「最後に美味しい餌を食べさせた・・・」
という記事を読んだりすると涙が出ます。
せめてこの処分が英断であったことが真実となってもらいたいと願うばかりです。
 

おめでとうございます

 投稿者:案山子  投稿日:2010年 1月 6日(水)23時06分47秒 19.39.0.110.ap.yournet.ne.jp
  早いもので、年が明けてもうすぐ1週間です。
年末年始は、餅つきだけでなく、大晦日まで
ごたごたしたことが続いて、
年明けは、例年通りのあれこれで、
少々疲れ気味の正月です。

もちろん、仕事も始まっていますが、まだ気合いが入りません。
1月中に剪定を終えるのが目標ですが、少し自分にカツを入れて
頑張らなければ・・・。

今年も楽しく、良い作物を作りましょう。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:AYA  投稿日:2010年 1月 5日(火)19時18分43秒 premium208-55.across.or.jp
  年末の餅つきは大変でしたね。
我が家は17升搗きました。
お世話になった方へ配ったら大変喜ばれました。
もらった人の笑顔を見ると苦労が吹き飛びますね。

今年も良い作物作り頑張りましょうね。
 

我が家も同様

 投稿者:案山子  投稿日:2009年 6月17日(水)00時12分16秒 166.125.150.220.ap.yournet.ne.jp
  田んぼにラウンドアップを使うことはありませんが、
除草剤を使うことには違いありませんね。

畑は、もっぱらラウンドアップ派です。
出来れば使いたくないのと、
雑草の伸びる勢いというか、早さと、
それを処理する労力の兼ね合いで、
我が家では、畑の通路部分と樹園地の外縁部のみ使っています。

その学校の子どもたちは、まさに我々農家と同じ、
労力と環境や安全性などの問題を考えて行動することを
迫られたわけですね。
子どもたちなりの結論というものもあったのでしょうが、
こうしたことを子どもの頃から真剣に考えるというのは、
素晴らしいことですね。
 

試行錯誤で

 投稿者:AYA@我が家はラウンドアップ派  投稿日:2009年 6月14日(日)23時14分56秒 premium220-81.across.or.jp
  >それはカリキュラムに沿った決まった学年でのことのようで、
>体験という面では、やや弱いですよね。
 そうですよね、、。
 紹介した小学校では、最初は学年ごとで好きな野菜を作らせていたということですが、
 作物によって難易度があり、ここのところ低学年はイモ類など、根菜類
 高学年はにんじんや白菜・・というように、試行錯誤をしながら作る作物が決まってきた
 ようです。

 米作りも授業の一環として取り入れていて、去年(だったか・・?)は草取りが大変で
 作るのをやめたいと言い出す子供も出てきたのだそうです。
 それで、除草剤や、農薬を撒くかどうするか、聞いてみたそうです。
 農薬を散布すれば田んぼで生息している約500種類の生き物が死滅してしまう危険があ る。
 二者択一というのは教育的ではないからなるべく子供たちに、どうすればよいか考えさせ た、というのです。それからどうなったのか、残念ながら話の途中で拝聴できなかったの ですが、このような学校なら子供を入学させてみたいな、と思いましたよ。

 これから田んぼで忙しくなりますね。
 山形の小学校の児童も頑張っていると思います。
 暑さには注意して、頑張ってくださいね。
 

スゴイ!

 投稿者:案山子  投稿日:2009年 6月 9日(火)00時26分50秒 83.188.145.122.ap.yournet.ne.jp
  給食で自給率50%ですか、それはスゴイ頑張っているなぁ。
給食って、もちろん子どもたちに質の良い物を食べさせたいと
いうこともあるのですけど、費用面とかもあり、
いろいろ難しいみたいですよね。

>小学校で野菜を計画的に栽培するということは、理科の分野の学習だけでなく、社会科、算数、そして体育の授業にもなるそうです。

農業というか、食べ物を生産するってことは、
要は生活するとか、生きていくとかいう言い方と
とても似ているんだと思いますよ。総合的なもの
なんだっていうことで。

このあたりの小学校でももちろんそうした学習はしています。
でも、それはカリキュラムに沿った決まった学年でのことのようで、
体験という面では、やや弱いですよね。
その学校は全学年でやっている、学校全体として取り組んでいるところが良いですね。

うちの畑にも子どもたちが見学に来たり、
梨を給食に納めたりしていますけど、いつも
ずっと覚えていてくれると良いなぁと思っていますよ。
 

山形の小学校

 投稿者:AYA  投稿日:2009年 6月 7日(日)22時20分17秒 premium223-223.across.or.jp
  先日、ラジオ放送で、山形で給食自給率50%を達成している小学校の校長先生のお話を聞く機会がありました。その小学校では全学年で数種類の野菜を種まきから育てています。収穫したものを給食室の職員さんに「お願いします」と言って料理してもらっているそうです。お米も育てていて、去年は草取りがとても大変で、今年は除草剤を使うか、どうするかと児童と相談しているという。そして、小学校で野菜を計画的に栽培するということは、理科の分野の学習だけでなく、社会科、算数、そして体育の授業にもなるそうです。
子供の頃から食を作るという生きた体験ができる授業が広まれば、その子供たちが大人になった時に、農産物の生産の立場を身近なものとして感じることができるんだろうな、と
ちょっと希望が持てましたよ。
 

レンタル掲示板
/18