teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


海外だと断然安いジュエリー

 投稿者:miki  投稿日:2015年 1月16日(金)01時33分34秒
  ご参考になると嬉しいのですが、海外からジュエリーを取り寄せた方がかなり割安で手に入りますね。ショップUSAというお店から個人輸入してみましたが商品額の10%の代行料で輸入してくれます。親身になって欲しいものを探してくれたので安心してお願いできました。見積もりは無料なので聞いてみると良いですよ。  
 

売却

 投稿者:ネットドラゴン  投稿日:2013年 8月26日(月)17時01分20秒
  してしまった。  

情報ありましたらお願いします。

 投稿者:ネットドラゴン  投稿日:2013年 6月 6日(木)09時55分54秒
  「ネットドラゴン・ウエブソフト:777」は子会社である「9Limited」の分離上場を1月10日に取引所に申請しています。GEMに公開する計画だそうです。
バイタル殿情報ありましたらお願いします。
 

ついに「ボロ株B」がブレイク!?

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2012年 1月26日(木)22時23分49秒
  [1/25号]

「ボロ株B」とは前にもご紹介しましたが、ツイッター上で次の急騰候補
【ボロ株Bの軌跡】として「連載」しているある銘柄のことです。

2010年4月30日に設定した【基準時価】16,200香港ドル( 0.162×10万株)に対して、
その後ずっと株価は低迷しており、【2012年1月19日時価】11,000香港ドル(-30.09%)
(0.11×10万株)といった惨憺たる現状となっております。1株が約1円です。
いつになったら急騰するんや!といったお叱りの声も・・・(笑)
(注:下記からは妄想です)

ところがそんな「ボロ株B」にもついにブレイクの時がやってくるかもしれません。
1月20日に下記のようなアナウンスが出されました。

「同社株は1月20日より、同社グループ再編、資本再編、配当、買収・合併規則に
関わる発表まで、取引停止。」

どのような「再編」が行われるのかは正式発表まで分かりません。
このようなアナウンスの後、赤字続きのボロ株が時として「マネーゲーム」、
「錬金術」等の対象となり一般株主が翻弄されるといったケースも散見されます。

しかし今回の場合は、市場からもポジティブにとらえられる可能性が高いのではないか
と想像しております。

このボロ株B、正式な会社名は「志鴻科技(エクセルテクノロジー)」(8048)です。

同社は銀行・金融機関向けの下記事業を行っております。
1企業向けソフトウエア製品
2システムインテグレーション
3プロフェッショナルサービス
4ASPサービス

<ポジティブにとらえられそうな理由>
1.同社は2009年度に黒字転換、その後も順調に業績拡大中での再編。
2.第二位の大株主(14.11%)が「長江実業集団」(1)(李嘉誠氏一家)で、
 同社の非常勤取締役のうち2名が長江実業の取締役。
3.取引停止アナウンスで「distribution」という単語がでており、
上記では「配当」と訳しましたが、これは事業の売却、分割等を行う時に
現金または株式配当として株主還元を行うケースに使用されることが多い。
4.辰年の新年(春節)早々の発表で縁起が良い。(笑)

「買収」するのか、されるのか分かりませんが、上記2のように同社は
長江実業との関係が深そうですので、何らかのかたちで長江実業が「仲介役」を
はたす可能性もあるかとみております。

正式アナウンス、取引再開後の株価がどうなるかは分かりませんが、
いずれにしても今回の件が同社にとっては大きな転換点になることは
間違いないと思います。

正式発表までは、春節の「初夢」を楽しむとしましょうか・・
 

神州東盟資源、石炭関連ロジスティック事業買収で合意

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2011年 1月30日(日)23時53分6秒
  今回の買収が成功すれば、同社の既存の森林事業との大きなシナジー効果も
期待出来そうです。
また、[1/23号]の中国保利集団関連のニュースとも密接にかかわってきそうです。
今後、同社にかかわるM&A関連のニュースが増えるかも?

同社はここにきて、中国政府系の企業との関係を強めてきているようで、
今後の動向に注目してみるのも面白いかもしれませんね。(^^)


[1/30号]

[8186 神州東盟資源(チャイナ・アセアン・リソーシズ)]

同社完全子会社が1月28日に、同社の主要株主で取締役のGgong Ting氏も15%を
保有している「内蒙古華越礦業」の全株式を現金25百万香港ドルで取得することで合意。
買収完了後には内蒙古華越礦業は同社の完全子会社となる予定。

内蒙古華越礦業は中国で石炭関連ロジスティック事業を行っており、中国国営ゼネコンへの
石炭抽出及び関連処理、輸送サービス提供契約の交渉の最終段階であるとのこと。
この中国国営ゼネコンは、鉄道建設事業を専門としており高速道路、ビル建設プロジェクト、
地方自治体の住民関連設備、水道、水力発電、トンネル、滑走路等、様々な
社会的建設プロジェクトの主要建設会社の一社であるとのこと。

同社ではこの買収により、同社グループの石炭を含む天然資源関連事業の成長につながり、
中国の石炭産業の成長機会を捕らえることが出来るとしている。
さらに、木材は広範な建設プロジェクトで使用される主要な原材料であることから、
今回の買収を通じてこの国営ゼネコンとの提携関係が築ければ、同社の赤字の森林事業が
このゼネコンの手がける様々なプロジェクトへの木材サプライヤーとなるチャンスを
もたらす可能性も出てくるとのこと。
(同社はカンボジアに広大な森林資源を保有している。 http://www.chinaaseanresources.com/ )

<参考>

[1/23号]
[8186 神州東盟資源 チャイナアジアンリソーシズ]
同社は1月23日に中国保利集団傘下の保利通訊有限公司の子会社北京保利龍馬資産管理有限公司
との間で、3年間の法的拘束力のある戦略的投資合意に達した。
この合意により今後両社は、中国、モンゴル、東アジア、南アジア、東南アジア、中央アジア、
オーストラリア連邦、ニュージーランドでの森林・鉱物(石炭、銀、鉄、モリブデン等を含む)
資源プロジェクトへ共同で投資していく。

・同社は北京保利龍馬および関連会社がすでに保有しているこれらの資産プロジェクトの権益を
北京保利龍馬から直接取得する。

・同社は北京保利龍馬が今後取得するこれらの資産プロジェクトの権益の全て又は一部を
北京保利龍馬から順次取得する。


【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

バイタルファーマ、主力の『Osteoform』の輸入薬品ライセンス更新困難か

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2011年 1月25日(火)22時18分28秒
  [1/25号]

[1164 バイタルファーマ]

同社によれば、1月24日に同社の主力商品である『Osteoform』の単独サプライヤー
である「Pharmco International Inc.」から、2010年12月7日に
中国国家食品薬品監督管理局(SFDA)からPharmcoに対してファックスで、近い将来に
Osteoformの輸入薬品ライセンスの更新拒否通知を発行する意向である旨の通知があった
とのこと。またその通知の中で、SFDAはPharmcoが新たな薬品申請に対応する書類を
提出するのを数ヶ月待っていたがPharmcoからの申請がなかったとしているとのこと。
Pharmcoは輸入薬品ライセンス更新及び対応書類の再提出の努力を継続するとのこと。

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

チャイナアジアンリソーシズ、中国保利集団傘下企業と戦略的投資合意

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2011年 1月23日(日)22時30分2秒
  [1/23号]

[8186 神州東盟資源 チャイナアジアンリソーシズ]
同社は1月23日に中国保利集団傘下の保利通訊有限公司の子会社
北京保利龍馬資産管理有限公司との間で、3年間の法的拘束力のある
戦略的投資合意に達した。
この合意により今後両社は、中国、モンゴル、東アジア、南アジア、東南アジア、
中央アジア、オーストラリア連邦、ニュージーランドでの森林・鉱物
(石炭、銀、鉄、モリブデン等を含む)資源プロジェクトへ共同で投資していく。

・同社は北京保利龍馬および関連会社がすでに保有しているこれらの
資産プロジェクトの権益を北京保利龍馬から直接取得する。

・同社は北京保利龍馬が今後取得するこれらの資産プロジェクトの
権益の全て又は一部を北京保利龍馬から順次取得する。

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

フレックスシステム、田生集団(183)CEOのPong Wai San氏が同社株の79.88%を取得

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2011年 1月11日(火)22時00分16秒
  [1/11号]

[8050 フレックスシステム]
香港証券取引所のデータによれば、田生集団(183)CEOのPong Wai San氏が1月5日に
同社株479.298百万株(発行済株式の79.88%相当) を平均単価0.264香港ドルで取得して
いるとのこと。
同日に同社会長Lok Wai Man氏が同社株を同数、同単価で売却し持株比率が
79.88%から0%に減少している。
同社株は同社の要請により2011年1月6日より、買収・合併に関する発表のため
取引停止となっている。
取引停止前の同社株の終値は0.239香港ドルであった。

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

蒙古砿業、モンゴルのレアアース鉱山事業買収に関する覚書締結

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2011年 1月 5日(水)23時43分56秒
  [1/5号]

[1166 蒙古砿業(ソラーテク)]
同社は1月5日にモンゴルのUuld Vojin Gantumur氏との間で同社が同氏より、
モンゴルでレアアース鉱山の1ヵ所の採鉱権、2ヶ所の探鉱権を保有する
Vangyunshing LLCの全株式取得に関する覚書を締結。
覚書により、同社は2011年5月3日までは同氏との間で独占的交渉権を保有し、
通知により3ヶ月の期間延長が認められている。
同社株の本日の終値は0.048香港ドルであった。
(同社の発行済み株式数は252.25億株(将来的に株式併合の可能性あり?))

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

第3四半期中に有名アーティストの コンサート

 投稿者:ボス  投稿日:2010年12月14日(火)08時55分19秒
  Rojam(ロジャム)(8075)
日本だと大きく売り上げ予想が変化した場合はIRしないといけないと
思うのですが・・・。
「第3四半期中に有名アーティストのコンサートを開催」したなら、その時点で売り上がる
と思われますし、今の売り上げをみていると少しのプラス要素売り上げで大きく数字が変わると
思うので、何らかのプラス要因の発表があるのでしょうか・・・・?

でも、それがないなら0.198で経営者が株を買わないと思うのですがね・・・

まあ、複数のプラス要因のIRが近くでるような感じですね・・・・。
また、少し参戦します。
 

ロジャム、エンターテインメント事業買収に関する協議中

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年12月13日(月)21時50分24秒
  Rojam(ロジャム)(8075)
同社株の本日の終値は11.538%アップの0.203香港ドル、出来高18.274百万株と急騰。
同社の発表によれば、同社は現在独立の第三者との間でエンターテインメント事業の
関連事業の買収に関する協議中であるとのこと。【中国株の宝石】

同社は以前に「中国本土の大都市のひとつで今年度の第3四半期中に有名アーティストの
コンサートを開催することになった」と述べていますが、今日のアナウンスの件と
なんらかの関係があるのでしょうか?
第3四半期中といえば今月いっぱいなんですが・・・

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

[ロジャム(8075)]

 投稿者:ボス  投稿日:2010年12月 8日(水)10時22分29秒
  先週末の終値0.161香港ドルから本日の終値は22.98%アップで新株引受価格とピッタリ同じ
0.198 香港ドルでした。(笑)

と言うことは・・・・
その金額付近で株を買えば、ロジャムの取締役と同じリスク価格で株を持てるということですね。

考えどころですね・・・・
 

ロジャム

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年11月15日(月)21時42分6秒
  [ロジャム(8075)]

同社取締役会は11月15日、引受人が1株額面0.01香港ドルの同社の新株(総数2.306億株)を
1株あたり0.198香港ドルで取得できる株式オプションを承認。オプションの行使期間は
2010年11月15日から2020年11月14日までの10年間。
新株のうち61百万株は同社の取締役7人分。
同社株の本日の終値は22.98%アップの0.198 香港ドル、出来高1.037億株、
高値は52.17%アップの0.245香港ドルであった。

先週末の終値0.161香港ドルから本日の終値は22.98%アップで新株引受価格とピッタリ同じ
0.198 香港ドルでした。(笑)
本日までの5営業日の平均株価0.155香港ドルから27.74%高い価格で引き受けても
利益が出せる「見通し」があるということなのでしょうか?

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

ロジャム

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年11月12日(金)23時08分20秒
  [ロジャム(8075)]

ボスさん、大変ご無沙汰しています。最近はツイッターで完結していてこちらはすっかり
忘れておりました。(^^;)

ロジャムですが、きょう第2四半期(6ヶ月)決算の発表があり予告通り大幅な
減収、赤字拡大でした。

[事業見通]しには下記のようなことが記されています。

・同社は中国本土、香港、マカオ、台湾でのエンターテインメント事業強化のために
 「エージェント」と契約しましたが、このエージェントの仲介により中国本土の
 大都市のひとつで今年度の第3四半期中に有名アーティストのコンサートを開催する
 ことになったとのこと。

・また、このエージェントの仲介により現在数件の事業機会に関する協議中との。

・これとは別に、同社は事業・資産の買収等を通じて収益基盤を強化すべく機会を探る
 努力を行っているとのこと。

相変わらず株価はさえませんが、この株にはめずらしくここのところ出来高が比較的多い
ですから、いろんなことが具体的になりつつあるのかもしれませんね。(^^)

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

ロジャム

 投稿者:ボス  投稿日:2010年 8月16日(月)19時02分50秒
  ロジャムのHPから想像すると、、、
事業はエニーミュージック以外は事業をすべてクローズしているようだ。
その事業も怪しいものだが、、、

通期のIRを見てみると、新しく子会社登記を3社行ってるようだ。
ただし、休眠状態のようだが、、、

そう考えると、現状何もないロジャムがエージェント契約するのは不思議な行為だ。

なんの権利があって、その権利を売るためにエージェント契約したのか?
アジアでのエージェント契約なら、米系のプロダクションが裏口上場するのか?

本当の大株主は何時名乗り出すのか?
しかし、なんらか画策されているとみるのが正しいだろう。

いったい何をエージェントに託すのか?
楽しみなIRを待つとしよう。
 

ロジャム

 投稿者:ボス  投稿日:2010年 5月24日(月)12時03分59秒
  vitalhongkongさん、ご無沙汰してます。

ちょくちょく拝見してます・・・ツイッターって、ヤジが大変ですね。

久しぶりにロジャムのHPをみたら、吉本興業のタレント写真がすべて
削除されてました。
事業展開のコーナーも吉本タレントの話しはすべて削除されているようです。
台湾ビジネスも削除されてました。

何かあったんでしょうかね?

そう言えば、吉本とフェイスは株を少しホールドしていたような・・・?
なんらかの展開があるのでしょうか?


久しぶりに株をみていたら、かなり上値?で維持してるような・・・?
そうでないような?


もう一度買った方がよいのかな~~~~?

情報わかれば教えてください・・・・。
では!
 

バイタルファーマ、四川省成都市で不動産の開発・管理を行う合弁会社設立へ

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年 5月12日(水)00時26分29秒
  [5/12号]

[1164 維奥医薬(バイタルファーマ)]
5月10日に同社子会社が他の2社との間で、四川省成都市で204.6百万元で
落札した不動産の開発・管理を行う合弁会社設立に関する合意に達した。
同社子会社がこの合弁会社の33%を保有予定。同社株は5月12日に
取引再開予定。

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

モバイル・テレコム、筆頭株主が中亜能源(ペトロアジアン)子会社に株式売却

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年 4月28日(水)11時15分29秒
  [8266 流動電訊(モバイル・テレコム)]
同社の筆頭株主「Silicon Asia Limited」が4月22日に、
その保有する同社株式(177,785,861株)(発行済み株式の約37.55%)を
「中亜能源(ペトロアジアン)」(850)の完全子会社
「China Oil Resources Group Limited」(中油資源集団)に1株あたり
0.2香港ドル、総額35,557,172.2香港ドルで売却することで合意、
同社及び中亜能源の株式は28日より取引再開。
中油資源集団は今後買収規則に則り、残りの全発行済み株式に対して
1株あたり0.2香港ドルでの買取申込を行うこととなる。
なお第二位の大株主「ボーダテル」(8033)は同社株の19.98%を保有している。
中油資源集団は当面は同社の主要事業を変更する計画はないが、同社グループの
事業を精査し、同社事業を発展させるために将来的には何らかの資産・事業買収等
もありうるとしている。

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

チャイナ・ロットシナジー、交通銀行とモバイル宝くじ事業で提携

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年 4月27日(火)22時20分13秒
  [4/27号]

[8161 華彩控股(チャイナ・ロットシナジー)]
同社の完全子会社「Huacai Yingtong」が4月20日に交通銀行北京支店との間で、
交通銀行の携帯電話バンキング・プラットフォームに宝くじ事業を導入することで
提携合意に達した。今後両社は交通銀行の携帯電話バンキング・プラットフォームを
利用した宝くじ事業を開発し、中国全土の交通銀行のモバイルユーザーを対象とした
モバイル宝くじサービスを提供していく予定。

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

Soundwill、子会社をGEMに分離上場後その全株式を特別配当として割当予定

 投稿者:vitalhongkongメール  投稿日:2010年 4月23日(金)22時38分52秒
  [4/23号]

[878 Soundwill]
同社は同社の完全子会社「Soundwill Infrastructure Limited」をGEMに分離上場後、同社の
株主に対して特別配当としてSoundwill Infrastructureの全株式をその持分に応じて
割当てることを提案している。同社がいままでに様々な形で分離上場の申請を行って
きた結果、証券取引所は分離上場の許可を示唆しているとのこと。
Soundwill InfrastructureはGEMに分離上場後は持株会社として、同社の中国本土の
通信パイプライン開発事業の上場会社となる。以後は同社の子会社ではなくなるが、
同社の株主は両社の株主として両社の発展に伴う利益を享受でき、株主利益の向上に
資することになるとしている。
ただし、海外の株主については規制により株式の割当が出来ないため、上場後に市場で
売却後諸費用を控除した上で現金で支払う予定とのこと。
(詳細はお取引先の証券会社にてご確認下さい。)

【ツイッター版最新情報】
http://twitter.com/vitalhongkong

http://mini.mag2.com/i/m/M0037093.html

 

レンタル掲示板
/51