teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:54/87 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: やっぱり音は変わりますか?

 投稿者:堀之内メール  投稿日:2008年 7月 2日(水)21時43分52秒
  通報 返信・引用
  > No.35[元記事へ]

わんわん様

お問い合わせ有り難うございます。

まずお問い合わせ頂きましたご不明の点ですが、マジックスターを取り付けてもピアノ本体の音色は変わりません。
厳密に言い変えますと、ピアノ整調(内部器械の調整のことです)工程のひとつである、レットオフと云います寸法が約2~3mmであるところを、消音にする為に「ハンマーシャンクストップバー」と言う部品を取り付け、ハンマー先端が弦を打つ手前でこのストップバーにより打弦せずにハンマーを戻します。
この時のレットオフの寸法が約5mmと少々広めになるのですが、この寸法が広くなることでタッチや音色に厳密には影響が出ると云われるのです。
新しいマジックスターではこのストップバーを電動モーターで制御するためバーのブレが最小限に留められるようになりました。
アップライトの消音や他社グランド用後付けユニットは電動モーター方式ではなく、自転車のブレーキのような「ワイヤー」と「操作レバー」で消音のON.OFを切り替えますが、この場合には多かれ少なかれバーの揺れがおきます。
その為に先ほどのレットオフと言う寸法も多めに採ります。(約7㎜程度)
従いましてストップさせる寸法も約5mm程度となりバーのブレも最小となりますので、要は消音解除(生ピアノ)の時も、消音状態の時もマジックスターはタッチなどへの影響は限りなく少なくなりました。
現実問題としては、一般に納入されたピアノで経年して行くに従ってこの20工程ほどある整調作業のうち重要な作業寸法も次第に乱れ、それが中々正しい寸法に採られているピアノと言うのも少ないのです。
消音を取り付けるに当たってこれらの整調寸法も演奏者のご要望やピアノ状態に合わせて調整し直しますので、寧ろ良くなる事も多々あります。

取り付けた為に悪くなると言うようなことは特にはありません。
取り付けに当たって消音部品の各々を約20本程の小ネジでピアノ本体に取り付けます。
塗装面や外から見える部分には取り付けません。
因みにユニットのピアノ音源はイタリアの「ファツィオリ」のピアノをサンプリングしています。
中々に良い音です。
ファツィオリ公式サイト
http://www.faziolipianoforti.it/
製造メーカーはドイツのピアノディスク社です。
http://www.pianodisc.de/

輸入代理店 (有)オフィス タスティ
http://www.magic-star.jp/Magic_Star/Top.html

高価なものですので、ご不明の点などございましたらどのような事でも結構ですからお気軽にお問い合わせください。
どうぞご高察の程よろしくお願い申し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:54/87 《前のページ | 次のページ》
/87