teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/87 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: はじめまして。よろしくお願い致します。

 投稿者:堀之内メール  投稿日:2011年12月 1日(木)12時16分54秒
  通報 返信・引用
  > No.75[元記事へ]

ハナさんへのお返事です。

お問い合わせ有り難うございます。
ピアノスクエアPS-10も良い製品です。
http://www12.ocn.ne.jp/~tuner/page015.html
最近製品の改良も行なわれました。
ただ、ハナさんのお手持ちのピアノMC108Cは背の高さが108cmの小型スピネットピアノですので、ピアノアクション(内部器械)のブラケットへの穴あけは何れの消音ピアノユニット取り付けでも幾つかの加工処理は必須です。
加えてピアノスクエアPS-10の消音バーやバーの取り付け台座などが当時のテクニクス消音ピアノユニットとほぼ同じ形状ですので、お手持ちのピアノMC108Cへの取り付けは相当手馴れた調律師さんでも苦労しているようです。
この消音バーは現在のコルグ製も当時のテクニクス製と全く同じですので、やはり取り付けにはセンスと注意が必要です。
消音バーは実に巧く取り付けませんと消音時のタッチなども非常に悪くなりますし、最悪の場合は機能も巧く動作しません。
スピネットピアノへの取り付け経験の多い調律師さんの場合でしたら独自の創意工夫でセンス良く取り付けると思います。
ただ当然取り付け料金もレギュラーサイズのピアノへの取り付け料よりもお高くなります。
その点において特にピアノスクエアPS-10やコルグ製を選択される場合には注意が必要です。
マジックスターやGT-2の場合もブラケットへの穴あけは必須ですが、ストップバー(消音バー)は比較的取り付け易い構造です。

ピアノスクエアPS-10の音源や機能などはご使用目的、ピアノご経験などで微妙にお奨めも異なることは昨日お話しましたが、ユニットの操作は直感的に扱い易いユニットと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/87 《前のページ | 次のページ》
/87