スレッド一覧

  1. 行ってきます・帰ってきました(16)19/07/03(水)02:29
  2. アクセスについて(行き帰り、行程等)(12)18/06/14(木)21:02
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:97/1752 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

銀の道/Via de la Plataを歩いて来ました

 投稿者:koma  投稿日:2019年 5月 3日(金)11時55分55秒 pon012-063.kcn.ne.jp
  通報 返信・引用
  4月初旬、セビリア/Sevillaを出発し、4週間後700km余先のアストルガ/Astorgaに到着しました。
事前情報では、この道は暑く、毎日大量の水を消費する、また、各所に水溜まりや橋のない川があり、靴を脱いで渡るとのことで、ハードさを心配していました。
ところが、たまたまか、時期が良かったのかさほど暑くもなく、水も750mlのペットボトル一本で事足りました。
また、川渡りも、少雨期だったのと、整備が進み架橋されたり飛び石が配置されたりで、靴を脱ぐこともありませんでした。
ただ、宿泊収容人数が不足気味で、宿無しの恐怖解消から基本的に毎日翌日の宿を予約して進みました。
背景には、近年のカミーノブームから「フランス人の道」その他の入門ルートに飽き足らなくなった人たちが、このルートに流入していることがあるのではないかと感じました。
出会う人たちや自然は素朴で、スペインの田舎を満喫できました。しかし、シエスタをしっかりとり、午後二時から五時までは人影が無くなることや、日曜はすべての商店が店を閉めることも、スペインそのものでした。
ガイドブックは適当なものが無く、友の会、山本さんの記事や、スペインのスーパー「EROSKI」のHPを参考にし、ガイドブックは発見できた唯一の英語版、Amazon発行の「Via de la Plata and the Camino Sanabres」を持参しました。しかし、このガイドブックはひどいもので、距離が誤っていたり、地図が欠落していたりで、著者みずから認めているように不完全なものでした。英語圏の人達はこれを持参している人が大勢いましたが、みな口をそろえてひどいと言っていました。
英語はほとんど通じず、最低限のスペイン語は宿の予約を含め必須と感じました。
また、イエローアローを含め道標も、まあいずこも同じですが、粗密があり、直観力も必要でしたし、宿泊施設間の距離も長く、しんどさもありました。
ただ、いろいろ不便さや、ハードさはあるものの達成感は反比例的に大きく感じました。

皆様も、入門ルートを経験したのちは、挑戦されることをお勧めします。
ただ、くれぐれも時期の選択は慎重に!!
 
》記事一覧表示

新着順:97/1752 《前のページ | 次のページ》
/1752