スレッド一覧

  1. 行ってきます・帰ってきました(16)19/07/03(水)02:29
  2. アクセスについて(行き帰り、行程等)(12)18/06/14(木)21:02
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/1735 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 銀の道,自転車で走ってきました

 投稿者:Ojisan-mac  投稿日:2020年 4月 8日(水)23時10分49秒 public-nat-05.vpngate.v4.open.ad.jp
  通報 返信・引用
  MK55さんへのお返事です。

最近,この掲示板を見る機会が少なく,とんでもなく返信が遅れたことをお詫びします.
昨今のCOVID 19の為,恐らくスペインへ出発前だと思いますのでご質問に回答いたします.

ご質問の件

1. フランス人の道よりも厳しかった点
 フランス人の道と比べ銀の道の峠は低いので特に問題にはならないと思います.厳しいのは,既にご存じと思いますが,フランス人の道と比べ補給できる村の間隔が非常に長い事です.走る季節,一日に走る距離に拠りますが大量(2リットル程度)の水と巡礼路(道路)脇で食べる食料を自転車に積んで走ることになります.
 何月に走られるか分かりませんが,私が走ったのは7月で気温43℃の日が何日も続きました.湿度が低い事,歩くのに比べスピードがあるので風を受けますので熱中症にはなりませんでしたが,非常に辛いです.

2. 輪行袋での自転車の保護について
 航空会社によって自転車の輪行料金は大きく異なります.私が銀の道を走った際は大韓航空でマドリードまで行き,輪行料金は無料でした.ANAはW*H*Dが203cm以内は羽田(成田)からドイツ,フランス等へは無料です.自転車輸送料金が無料になるように輪行袋を使用しました.
 自転車の保護の方法はフレームからハンドル,サドル,ペダル,ディレイラーを外し,ディレイラーは段ボールでカバーしフレームに固定.またチェーンをタオルでフレームに巻き付け固定.ハンドルもフレームに固定.フレームの三角部分の空間には衣類等を押し込む.最後にホイールの表面を段ボールでカバー.ホイール,フレーム全体を自転車のチューブで固縛.この塊をナイロンのペラペラの輪行袋に入れる.
 チューブは古くなって使わなくなったもので良く,輪行用のベルトと比較しゴムの弾力で締め付けるので緩みが少ないのが特徴です.MTB用のチューブは太すぎて使いにくいかもしれません.ロード用のチューブはラテックスがベストと思いますがブチルで十分です.
この様な輪行方法でホイールを含む走行系(変速,ブレーキ等)に問題が出たことはありません.但し,フレームに傷は付きます.
 マドリードからセビリア間の輪行はRENFEには自転車を載せられません.バスか飛行機になります.バスは無料ですが,飛行機は輸送料が取られます.

参考になれば幸いです.

> Ojisam-macさんへのお返事です。
>
> 投稿記事大変参考になりました。この春銀の道を走りたいと思っている老人です。
> 記事の中で気になったのがフランス人の道より厳しかったとあったところです。
> 私もフランス人の道を自転車で走りましたので峠越えの厳しさを体験しています。
> それよりも厳しいところがあると言うことについて教えていただければと思います。
>
> 2点目はやはりマドリッドからセビリアまでの輪行で迷っています。
> 記事によるとナイロンの薄い輪行袋で対応されたようでその勇気に驚きました。
> 自転車を輪行袋に入れる際に自転車を保護する方法を工夫されたのでしょうか?
> 教えていただければ幸いです。
>
> 以上2点、よろしくお願いします。
>
>
>
>
 
》記事一覧表示

新着順:3/1735 《前のページ | 次のページ》
/1735