投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 行ってきます・帰ってきました(16)19/07/03(水)02:29
  2. アクセスについて(行き帰り、行程等)(12)18/06/14(木)21:02
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ル・ピュイからサンジャンピエドポーへ

 投稿者:Taka-san  投稿日:2019年 3月 3日(日)21時55分32秒 FLH1Aei135.kng.mesh.ad.jp
返信・引用
  こんにちは。Taka-sanです。
昨年5月中旬から6月末までパリからサンジャンピエドポーを経て、サンティアゴ・デ・コンポステーラまでフランス人の道を1人で歩きました。
素晴らしい旅でした。
さて今年は、サンジャンピエドポー(SJPP)より少し手前から出発しようと思っています。
具体的にはSJPP手前100キロ位で、パリから列車便等で行ける所をご存じないでしょうか。ポー(Pau)辺りでしょうか。宜しくお願い致します。

 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:小川  投稿日:2019年 2月20日(水)00時10分30秒 p19212-ipngnfx01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.1868[元記事へ]

snoopyさんへのお返事です。

snoopyさん、情報をありがとうございました。
先週、アウトドアショップで、靴、ザック、ウェア、寝袋等、店員さんに色々教えていただきました。靴を試着して、ザックを背負うと、それだけで気分が上がってきました。
皆さんのブログでもう少し勉強をして、歩く練習も始めようと思います。
 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:snoopy  投稿日:2019年 2月17日(日)04時22分3秒 i125-203-94-31.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.1867[元記事へ]

小川さんへのお返事です。

これ以上はこの掲示板では制限が厳しく書くことが出来ません。
現在はひと昔と違い、書店に行けばスペイン巡礼関連の書籍が多く出ています。のぞいて見て気に入ったのがあれば買うのも良いですし、お近くの図書館などで探しても良いです。
Googleなどで「スペイン巡礼 ブログ」「スペイン巡礼 装備」と検索すれば、たくさんのブログが出て来ますので、参考になると思います。では気を付けて巡礼路歩きを楽しんで来て下さい。
 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:小川  投稿日:2019年 2月16日(土)09時38分26秒 p19212-ipngnfx01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.1866[元記事へ]

snoopyさんへのお返事です。

運動は全くしておりません。職場でも座りっぱなしです。
自転車で通勤しておりますので、それが唯一の運動と言えるかも知れません。
靴はちょこちょこと見てはいますが、まだこれというものを見つけられていません。
SJPPからの出発です。
荷物も通常は少ない方ですが、流石に1ヶ月以上歩くとなるとあれもこれもとなりそうです。
snoopyさんは、あって良かったと思う物はありますか?
 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:snoopy  投稿日:2019年 2月14日(木)15時58分20秒 i125-203-94-31.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.1865[元記事へ]

小川さんへのお返事です。

日頃ウォーキングか登山などの経験があるのでしょうか?
SJPPからのスタートでしたら、まずはじめに揃えるのは登山靴です。私はミドルカットの軽登山用の靴を買い、数ヶ月前から靴慣らしを兼ねてほぼ毎日歩きました。
カミーノでは「荷物は体重の1/10」と言われています。体重が70kgの方は7kgの重量を背負う事になります。バックパック、装備などの他、昼食や飲料水(ペットボトル500ml x 2本)もそれに加わります。男性でしたらバックパックは40Lを基準に軽量化出来れば、35L,30Lでも良いです。私はオスプレイの50Lを背負って行きました。
iPhoneやiPad miniなどを持って行かれるのでしたら、アプリ「Maps me」なども良いです。
Googleなどで「スペイン巡礼 装備」で、検索されるといろいろなブログのスペイン巡礼関連の装備などが出てきますので、参考にして下さい。では、、、
 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:小川  投稿日:2019年 2月14日(木)07時46分52秒 p19212-ipngnfx01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.1861[元記事へ]

snoopyさんへのお返事です。

snoopyさん、お返事ありがとうございます。
やはり7月は混むのですね。ある程度の寒さは覚悟して、五月のGW後に出発する線に気持ちが動いています。
サンチャゴ後には正にsnoopyさんのおっしゃる道程で、フィステーラ、ポルト、リスボンを経て帰国の予定です。
まだ、何も準備はしていないのですが、この準備の段階も楽しいですね。

 

ありがとうございます!

 投稿者:らんぼ  投稿日:2019年 2月13日(水)22時17分46秒 61-22-212-140.rev.home.ne.jp
返信・引用
  snoopy様
詳しい情報ありがとうございます!
 

Re: 荷物運搬サービスについて

 投稿者:snoopy  投稿日:2019年 2月13日(水)20時46分11秒 i125-203-94-31.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.1862[元記事へ]

らんぼさんへのお返事です。

「ウィリーバック」で頼んだ事はありませんが、基本的には運んでくれると思います。私はオスプレイの50を何度かお願いしました。
アルベルゲには何社かある場合もあります。原則として、「泊まる町」「泊まるアルベルゲ」「名前」「メールアドレスか電話番号」などを封筒に記入し、料金を封筒に入れて、付いている紐でバックパックに縛り、朝までにアルベルゲの指定の場所に置いておけば良いです。
注意する事は、原則として公営アルベルゲには送る事は出来ません。もし書いてしまった場合には、同じ町のアルベルゲやレストランに届けられてしまいます。その場合には一軒々々アルベルゲを尋ねて行かなければなりません。またバックパックを預けた場合、飲食物やタオルなど入れて担いで歩くサブバッグも忘れないで持って行って下さい。
身体には気を付けて、無理をせずに巡礼路歩きを楽しんで来て下さい。
ブエン・カミーノ!!
 

荷物運搬サービスについて

 投稿者:らんぼ  投稿日:2019年 2月13日(水)09時45分23秒 61-22-212-140.rev.home.ne.jp
返信・引用
  6月中旬からフランス人の道を歩く予定です。
荷物運搬サービスを利用したいと思ってます。
運んでもらえる荷物の制限はありますか?
モンベルのウィーリーバッグ35を考えています。現地でキャスター付きは運ばないとかになると困るので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
 

Re: 5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:snoopy  投稿日:2019年 2月12日(火)22時23分43秒 i125-203-94-31.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.1860[元記事へ]

小川さんへのお返事です。

日程がある程度自由に取れるのでしたら、やはり大変混む7、8月は避けるのは良いと思います。3年前に私がSJPPを通過した時は5月初旬でしたが、サンティアゴまでは雨に降られたのは数日でした。翌年に歩かれた方からの話ではだいぶ寒く大変だったようです。年によってやはり変わります。ゴールデンウイークはパリ行きの航空券も高くなるので、4月中旬かゴールデンウイーク後の出発をお勧めいたします。サンティアゴ到着後はやはりフィステーラ、ムシアと歩き、ムシアからはバスでサンティアゴへと行かれるのも良いです。その分日程を考えてみて下さい。その日程で時間が余ったら、ポルトガルのポルト、リスボンへと観光に行かれる方も多いです。
身体には気を付けて、無理をせずに巡礼路歩きを楽しんで来て下さい。ブエン・カミーノ??
 

5月初旬から7月初旬のフランス人の道について

 投稿者:小川  投稿日:2019年 2月11日(月)16時30分57秒 p19212-ipngnfx01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  皆さまはじめまして。
今年の5月6月7月の間で、35-40日かけてフランス人の道を歩こうと計画中の者です。
どの期間で歩くかについて悩んでおります。
7月に入ると巡礼者が増え、アルベルゲが満杯の事もあると聞いたので、5月に歩き始めようかと考えていますが、 気象庁の統計資料によると、5月は最低気温がマイナスとなる日もあるようですし、6月に比べると若干雨も多そうです。
そうすると寒さ対策で荷物が増えそうです。
皆さまでしたら、どの期間を歩かれますか?
また、その理由を教えてください。
私はカミーノ初心者です。
過去記事を検索してみましたが、ヒットしなかったので、思い切って質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
 

Re: Xuntaの意味

 投稿者:マサ  投稿日:2018年12月11日(火)18時13分47秒 150-66-64-180m5.mineo.jp
返信・引用
  フランクさんへ
早速の回答ありがとうございました。スッキリしました。他の施設は休業日などの情報が掲載されているのに、それらの施設はxuntaの記述のみだったので悩んでいたのです。ありがとうございました。
 

Xuntaの意味

 投稿者:フランク  投稿日:2018年12月11日(火)16時11分17秒 FL1-211-135-216-246.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用
  マサさんへの回答です。
Xuntaは「Xunta de Garicia(ガリシア政府)」の意味で、ここではMunicipalと同様です。
例えばSarriaはGaricia州が運営している「Albergue de Peregrinos de Sarria」になるかと思います。 Buen Camino
 

Xuntaについて

 投稿者:マサ  投稿日:2018年12月11日(火)14時11分59秒 218.45.10.132
返信・引用
  スペイン語の冬期のアルベルゲ情報で"Xunta"という標記があるのですが、どういう意味ですか?ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。  

ポルトガル南部のcamino について

 投稿者:Toshi  投稿日:2018年12月10日(月)13時12分25秒 zaq771ac941.zaq.ne.jp
返信・引用
  地中海の街Faro からFatimaを通りLisbon へ、さらにLisbon から海岸線の巡礼道を歩く資料を捜しています。
歩かれた方、ルート資料またはwebサイトをご存知の方お教え下さい。
来春、ドイツの人と歩く予定で情報を集めています。
 

荷物運びのサービス

 投稿者:ピエドラ  投稿日:2018年11月21日(水)15時58分33秒 KD106167218235.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ブタネロさん
ありがとうございました。ちょっと安心しました。
頑張ります。
 

ポルトガルの道の荷物サービスについて

 投稿者:ブタネロ  投稿日:2018年11月19日(月)03時06分25秒 71.red-81-40-114.staticip.rima-tde.net
返信・引用
  ピエドラさんへのお返事です。

ポルトガルの道にも荷物を運ぶサービスがありますよ。頑張ってください。

tuitrans.com/
elcaminoconcorreos.com/es/transporte-mochilas
 

Re: 荷物運びのサービスについて

 投稿者:ブタネロ  投稿日:2018年11月18日(日)03時08分36秒 71.red-81-40-114.staticip.rima-tde.net
返信・引用
  > No.1851[元記事へ]

ピエドラさんへのお返事です。

> 来春にポルトガルの国境からサンティアゴまで歩く予定でいます。一年前に腰を骨折して
> 荷物を背負うのが心配なのでトランスポートサービスを利用したいと思っています。以前フランス人の道を歩いたときそのサービスがあることを知りました。ポルトガルの道にもあるのか
> どなたか教えてくださいませんか? 宜しくお願いします。
 

Re: 11月の巡礼

 投稿者:iniesta  投稿日:2018年11月 1日(木)13時32分51秒 210.160.37.26
返信・引用
  snoopyさんお返事ありがとうございます。これから、カミーノに行って参ります。
ブエン・カミーノ!
 

荷物運びのサービスについて

 投稿者:ピエドラ  投稿日:2018年10月28日(日)11時11分39秒 KD106167218235.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  来春にポルトガルの国境からサンティアゴまで歩く予定でいます。一年前に腰を骨折して
荷物を背負うのが心配なのでトランスポートサービスを利用したいと思っています。以前フランス人の道を歩いたときそのサービスがあることを知りました。ポルトガルの道にもあるのか
どなたか教えてくださいませんか? 宜しくお願いします。
 

Re: 11月の巡礼

 投稿者:snoopy  投稿日:2018年10月25日(木)08時18分46秒 i125-203-94-31.s42.a026.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  > No.1849[元記事へ]

iniesta さんへのお返事です。

フランス人の道はサン・ジャン・ピエ・ド・ポー(SJPP)から歩き始めるのでしょうか。巡礼路上では豪雨の影響はないと思いますが、今週あたりからフランスはだいぶ寒くなるという情報がありました。またSJPPからロンセスバリュス(Roncesvalles)までの通常ルート(ピレーネ越えのナポレオンルート)は11/1から3/31までは通行禁止の規制がかかる予定です。
その代わりに自動車道に沿って歩くValcarios経由のルートになります。
アルベルゲも10月までの営業が多いので、予め営業期間を確かめてから歩いて下さい。
寒さ対策をしっかりして、身体には気を付けて、無理をせず、巡礼路歩きを楽しんで来て下さい。
ブエン・カミーノ!!
 

11月の巡礼

 投稿者:iniesta  投稿日:2018年10月23日(火)22時13分38秒 p8fbd6d1b.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  初投稿です。11月にフランス人の道からサンティアゴ巡礼を計画している者ですが、先日のフランス南部での豪雨の影響はありますか?どなたか知っている方がいたら教えてください。  

非表示扱いについて

 投稿者:りお(管理人)  投稿日:2018年 9月15日(土)10時27分55秒 121-80-154-80f1.kyt1.eonet.ne.jp
返信・引用
  個人的活動の案内、宣伝は営利、非営利問わずご遠慮ください。
サイト、メールの案内もご遠慮いただきたく、よろしくお願いいたします。
 

非表示扱いについて

 投稿者:りお(管理者)  投稿日:2018年 9月 3日(月)10時58分45秒 sp49-98-77-253.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  個人的活動の案内、宣伝は営利、非営利問わずご遠慮ください。
サイト、メールの案内もご遠慮いただきたく、よろしくお願いいたします。
 

サンジャンピエデポートより

 投稿者:Chie  投稿日:2018年 8月27日(月)17時39分50秒 ABayonne-654-1-141-210.w86-222.abo.wanadoo.fr
返信・引用
  今日から1週間、サンジャンピエデポートのカミノオフィスにボランティアで居ます。心を込めてクリデンシャルにスタンプを押して、ピレネー越えの説明をします。
日本語で対応します。いらっしゃる方にお会いできるのを楽しみにしています。
 

Re: 北の道に行きます。アルベルギについて!

 投稿者:北の道  投稿日:2018年 8月16日(木)11時06分38秒 FNAcd-03p20-42.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
  camino peregrinaさんへのお返事です。

いよいよカミーノです。お返事ありがとうございます。
他の国に一時気分転換もいいですね!
イルン、ギリギリの運にかけてみます。

予定不調和を楽しむ巡礼、驚き、発見の連続ですね。
今回は飲み食べ歩きでサンセバスチャンは夜間外出可能なホテル予約済み。
財布の紐を締めるとこと緩めるところはっきりと。
前回はびっくり、かなり使いすぎました。

今年はどんな出会いがあるか楽しみです

また覗きにきます!BUEN CAMINO!
 

Re: 北の道に行きます。アルベルギについて!

 投稿者:camino peregrina  投稿日:2018年 8月16日(木)07時23分20秒 78-70-177-163-no182.tbcn.telia.com
返信・引用
  北の道さんへのお返事です。遅くなってすみません!他の国を旅行中でバタバタしていました。

イルンはネット上だと30ユーロ越えで、どこも高いですね。自分ならAir B'n'Bで探しますが。。

お役にたてるかわかりませんが、イルンから約4キロ、1時間ほど歩いたところに超いい感じのプライベートアルベルゲがあります。
capitantximista.com
(gronzeにも載ってます)
初日の朝に歩いてたら「右カミーノ、左1km先アルベルゲ」の表示があり、何となく気になったので左に行ってみたら、森の中の小川が流れている前にログハウス風のアルベルゲがあって、たまたまホスピタレオが掃除に来たのでハンコもらいました。普通に歩いてたら通らない道で、北の道ではああいうロケーションは珍しく、だいぶレアなアルベルゲかと思います。5時着でイルンのムニシパルに行きクレデンシャルとスタンプもらってから、6時に歩きはじめて7時着って感じで、今は陽が長いので晴れてれば大丈夫とは思うのですが、森の中なのでちょっと暗めです(アルベルゲまではアスファルトロードだったと思いますが、かなり坂道です)25ユーロでそんなに安くもないし、バス乗ってお疲れのところを1時間歩くのはちょっとツライですし、森の中で何もないので買い物は済ませておかないといけないし、いろいろめんどくさいですが、時間あれば泊まりたかったなあと思うステキな宿だったので、ご参考まで。

北の道はバスクが超キツいです。フランセーズのピレネー越えよりキツいと言ってるホスピタレオもいました。でもそのかわり風景がすごいです。ぜひ美味しくお酒が飲めるようがんばって歩いてください(笑)
 

Re: 北の道に行きます。アルベルギについて!

 投稿者:北の道  投稿日:2018年 8月11日(土)07時58分9秒 softbank060112037150.bbtec.net
返信・引用
  > No.1839[元記事へ]

camino peregrinaさんへのお返事です。

多々ご回答&情報ありがとうございます。早速来週からスタート。未だ荷物の精査に追われてます。
フランス人の道より観光地化されてない分、不便なところはあるみたいですが、その分魅力的でもありますね。

度々すみません!

イルンの宿について教えてほしいのですが、アルベルギは今1件しかないようでが16時オープンでした。
私のバスが17時にイルンに着きます。
アルベルギにコンタクトしたところ予約ができず18時には満室になることが多いとのことでした。

イルンのペンション ホテルは満室&割高でイルンのアルベルギが満室なら歩いて次の町か、キャンプ場がある(Google Mapで確認)ようなのでと考えてます。イルン近隣にはネットに掲載されていないような小さなペンションなどありますか?

サンセバスチャンは、夜飲み歩きを兼ねてホテルを予約たので、できればイルンでは節約したいと思ってます。

何度もすみません。フランス人の道と違い情報量が少なすぎでる矢先でありがたいです!
 

Re: 北の道に行きます。アルベルギについて!

 投稿者:camino peregrina  投稿日:2018年 8月 9日(木)22時21分23秒 xdg92003.xunta.es
返信・引用 編集済
  追加情報です。

カバナの新設アルベルゲ泊まりました。6つのプレハブをガラス張りの通路でつなげてあって代々木Villageとか代官山ログロードみたいですが、徹底的にコスト削減して多少モダンに化粧したらこうなるって感じ。

●名前:Albergue de Peregrinos  A Cabana Friol
●オープン時間:13:00
●価格:6ユーロ
●ベッド数:29(2段ベッド15台なので30ですけどなぜか公式には29)
●レギュレーション:ガリシアの統一規則
●電話:616-251-462(予約不可ですが一応)
●キッチンあり(電熱コンロ4口、電子レンジ、冷蔵庫、鍋、皿、カトラリーあり)
●洗濯機あり
●WiFiなし(そのうちガリシアのカミーノ専用のが入ると思います、オープン直後でまだルーターないみたい)電波弱くてデータ接続が超遅いエリアです

●いいところ:新しくてキレイ、キッチン使える
●よくないところ:前後10キロ以内スーパーも雑貨屋もないです(1キロ戻ればロクシアにカフェバーあり)
基本プレハブなので歩くと振動がうるさい
庭やコモンスペースがない、洗濯物を干す場所が狭い(ソブラードの修道院は干すの禁止で乾燥機使えって神父さんに言われました。マジか。)

モンデネードやバーモンデと違って庭やコモンスペースがなくツライです。これはこれでご時世にあわせた建築なんでしょう。バリアフリーや節エネも大事だろうし6ユーロで寝る場所があるだけでありがたいですが、設計した人ぜったいカミーノ歩いたことないでしょ?っていう不便な建物でした。施工ミスと思いますが通路から雨漏りするし。オススメはしません。10ユーロ払ってミラーズCSJにしとけば良かったです。。

※ガリシアのカミーノパンフを読んでいて気づきましたが、パブリコ(たぶんパブリックの意味)のアルベルゲにムニシパルとそうでないのがあります。実際ムニシパルを三軒隣のバルのおかみさんが管理してたり、ガリシアなのに5ユーロで領収書も不織布シーツもなかったり。これまで公営の安宿=ムニシパルと思っていましたが、今は看板やパンフにもムニシパルという言葉がほぼ使われていません。おそらく運営形態の多様化につき自治体運営(特にガリシア)をパブリコ、誰か管理者が非営利に近い状態で運営して自治体公認(もしくは町や村が運営?)なのがムニシパル、という行政上の区分がありそうですが、これから行かれる人はムニシパルって言葉を見る機会がなさそうなので補足でした。

ちなみにフランセーズはカリオンを筆頭に修道院や宗教系財団が運営してるアルベルゲがちょこちょこあったと思いますが、ノルテはミラーズとソブラードだけです。あと、ほとんどの教会は鍵がかかっていて入れずスタンプないし、ミサもやってないです。あるホスピタレオに聞いたら、いまや人出不足で神父さんより教会の数の方が多いから、日曜とか日を決めて大きな教会の神父さんが出張ミサに来るのが普通って言ってました。毎日ミサに出てゆっくりお祈りしたい人はノルテは難しいです。フランセーズは2年前はどんな小さい町でも晩のミサやってた記憶があるんですが。

では以上です。
 

Re: 北の道に行きます。アルベルギについて!

 投稿者:Camino Peregrina  投稿日:2018年 8月 7日(火)02時58分13秒 149.red-2-136-19.staticip.rima-tde.net
返信・引用
  北の道さんへのお返事です。

1 プリミティボの道にされた理由。(日数?景色?客層?

San Martinはすみません、アヴィレスの次のサリナスという町から少し歩いたところにあるアルベルゲの名前で、北の道です(そこオススメです、正規ルートから少し外れるのと新しいので人が少ないです)プリミティボは予定しておらず今回行っていませんが、ちょっとハードだと言っている人がいました。

ちなみにオリオの近くにもSan Martinという名前のアルベルゲがありプライベートですが人気があるみたいです。行ってませんが。

あと来てから知りましたが、サンチアゴではなくサン・トリビオというところにいく、カミーノ・レバニエゴというのが途中で分かれ道あります。カンタブリアではポスターなどで宣伝していたり、歩く目印や看板の設置などかなり力を入れているように感じましたが、自分がアルベルゲで聞いた限りでは2人だけそっちに行くスペイン人がいました。最終目的地が違うので、最初から予定してないと無理ですね。

あとは、サンタンデルを通らない山ルート、ヴィラヴィシオサからヒホンでなく一旦オビエドに行ってからアヴィレスで合流するルート、タピアでなくトルからトラバーダを通る「昔の」ルートもあります。トラバーダルートは最近まで廃れていたと思われますが、志の高そうなオーナーのプライベートアルベルゲがヴェガデオとトラバーダにオープンしていて、人が少ない方がいい人や登山が好きな人、体力に自信のある男性を中心に2~3割ぐらいの人が、そっち行ってる印象でした。「本来のルートはこっちだった」っていうアルベルゲのフライヤーの説明もグっとくるものがあります。

あとフランセーズで無料ワインが飲める道があったと思いますが、ノルテも海沿いと山道、自然コースと観光コース(ビルバオは公式ルートだとグッゲンハイム通りません)など、ちょこちょこオルタナティブルートがあります。ひとつ、イリーガルなショートカットがありますが、グエメスでエルネストさんから説明あります。正規ルートだと10キロ近く回り道します。


2、イルンでペリグリーナのパスポートはもらえるか?

イルンのアルベルゲでクレデンシャルもらえます(SJPPの感覚で言うと事務局とアルベルゲが一緒になってる感じ)値段はドネイティボ。貝殻もドネイティボで置いてました。おばちゃんがまったく英語を解さないのと、かなりの割合でベルリッツから歩いてきているヨーロッパ人がいてすでにクレデンシャルを持っているので、ここがスタートで、クレデンシャル欲しいって身振り手振りで伝える必要があります(実際は誰かそこらへんの巡礼者が通訳してくれると思います)ちなみにイルン発行のはデザインいまいち良くないですが、イルンオリジナルなので他ではもらえないと思います。

あとバスクはお金持ちなのか、結構しっかりしたエタパ解説リーフレットがあり、英語版を含む各国語版をアルベルゲに置いてあります。その後も各町のアルベルゲやツーリストインフォにエタパごとで1枚になった同デザインの別リーフがあるので、ヒマつぶしに読みました(アルベルゲの情報はなく、風景がどうとか、歴史的建物の解説が主です)他の自治体もありますが、ビルバオまでのバスクが一番よくできてる気がします。ガリシアに入ったらクレデンシャルも兼ねられる本気リーフあります。

イルンのアルベルゲはビルの2階にあってベッドぎゅう詰めで、洗濯物はベランダに干すだけ、キッチンは普通の日本の家ぐらいの広さだし、そんなに快適じゃないですが。。満室になると半地下の駐車場みたいなところも使うので実際の表記より収容人数が多いはずです。あ、朝ごはん出ます。

それと今、アルベルゲ全体でリサイクルとエコの啓蒙活動をプロモーション中で、各アルベルゲに同じデザインのリサイクルゴミ箱がある他、ステッカーやポスター、マグネット、木箱(何に使うのか分からないんですがかわいい)などの啓蒙グッズがあって、それに加えて黄色いエコバッグ(大はカルフールで売ってるようなトート、小はスーパーのビニール袋を模した手提げバッグのふたつあります。どっちもゲットしました)を巡礼者に無料配布中です。8月中旬まで残ってるか分かりませんが、どこかで見つかるといいですね。

あとクレデンシャルですが、真面目に一日二個目標でスタンプもらってると絶対に空欄が足りなくなります。途中で売ってるアルベルゲや雑貨屋があるので2冊目を買えばいいのですが、たいてい2ユーロするので、個人的なオススメは白い画用紙を買ったりノートをちぎって同じサイズに切ったり折ったりして自分で作ってしまう方法です。最初から自分のノートにスタンプ集めてる外人がいて、それアリ?!って感じでしたが(本人たちはたぶん大丈夫って言ってました。。)、まあ最初の一冊でスタート場所の証明ができれば、あとは自作でも大丈夫です。


3、イルンからサンティアゴまでの何日間の行定で歩かれているか?(飛行機の都合の予約上、、)

体力的に一日30kmがキツいのと、前回はとにかくアルベルゲのベッドを確保するのに精一杯で、風景を楽しむとかいう心の余裕がなかったので、今回は一日20km前後で、安いか評判のいいアルベルゲに泊まるようにした超余裕の行程を組んであって、全部で43日です。バスクで一緒だった人たちはもう終わって母国に帰国してるぐらいの超スローペースになります。評判のいいアルベルゲが2軒続いていて4キロしか歩いてない日もあります(ホスピタレオに今日は休みの日なんだねーって笑われましたが。。同じ宿に2泊できないだけで、宿が違えば別に同じ町内でもいいわけで。ビルバオが町の東西に2軒あるので、両方泊まってグッゲンハイムやグルメを2日楽しむのもアリです)

フランセーズと違ってノルテは人が少なめ、かつスペイン人が多めで、ゆっくりしている人が多く、朝7時起きの8時出発で昼過ぎにアルベルゲに着いてもまだ誰もいなかったりします。夏のフランセーズでそんな時間感覚だとオープン前でもドア前に50個ぐらいバックパックが並んでいてすでにコンプレットですが。。

普通の場合はお仕事や学校のお休み期間にあわせる必要があると思うのですが、自分の場合は先に行程をほぼ決めて、一日モンテドゴソを予備で入れたスケジュールで帰りのエアチケットを買いました。結局その4キロの日に予備を消化したのでモンテは飛ばします。

4、持って行った方がいいもの(今回はステッキは置いていこうかとおもってます。。)

北の道といえば何といっても海、そこらじゅうにビーチ(playa)があって、ビーチまで何分、というのを売りにするアルベルゲも多いので、もし海水浴がお好きなら水着があると良いかもしれません。といっても男性は下着で代用できるでしょうし、女性も短パンTシャツで十分なので、わざわざ持参する必要ないと思います。地元民はマイチェア持参で太陽の方にむかって浜辺に座って日光浴するのが主流で、サーファーか子連れでない限り、あまり海に入っている人がいません。(ちなみに地元ホスピタレオはプリミティボと区別する時、カミーノ・ノルテとは言わずコーストとかコースタルウェイと言ってました)

ビーチが近くて良かったのは

●サンセバスチャン
ビーチ前の一等地に期間限定のムニシパルあります。典型的ビーチタウンでロスとか西海岸の雰囲気でした。
●ポベーニャ
町というよりもラ・アリーナの駐車場みたいなエリアですが、ムニシパルあります。キッチン使えます。
●ベガ・デ・リバデセラ
ビーチの手前にプライベートアルベルゲあります。
●ピニェーラ
ムニシパルから2キロ歩きますがビーチあります。廃校の校舎を使ったムニシパルですが元気な夫婦がふたり仲良く運営していて、追加料金でコミュニティディナーや朝食サービスもあり、プライベートみたいな雰囲気で良かったです。
●タピア
ビーチじゃないのですが、断崖絶壁のいい場所にプライベートかつ良心的な価格のアルベルゲがあり庭も広めです。泊まってないのですが、のぞいてみたら玄関からすぐベッド見えたので、中は結構狭そう。

アルベルゲのオープンが遅いので、着いたらバッグ置いてすぐビーチ行く人や、途中のビーチでピクニックしてからアルベルゲに向かう人もいます。

自分も以前、おわりが10月に入っていて、モンテドゴソが寒すぎて風邪引きました。特定企業の宣伝みたいで大変申し訳ありませんが、某ウルトラライトダウンは軽くて小さいのでバッグの下の方に絶対入れてて、カミーノ以外の旅行でも重宝してます。あとUVカット機能のある服や帽子はこっちではほとんど見つからないか、スポーツ専門店の高いものになるので、女性で気になる方は日本で買ってきた方がいいと思います。

スティックについては、自分は2本あったほうが歩くリズムが取れる感じで好きですが、よく観察してると外人の若い子は持っていない人が多く、1本だけの人、あとは持ってたら重いだけじゃないかと思うような太くて長い仙人みたいな立派な杖を持ってる人、あと、そこらへんで拾った木の枝を使ってる人もいるので、何でもアリだなーと思います


新アルベルゲ情報
●カバナ
バーモンデとソブラーノの40キロエタパ間、ミラーズの宗教団体運営のドネイティボ(といいつつミニマム10ユーロ)のアルベルゲが定番だと思いますが、そこから10キロのロシア(ロクシア?)の次のカバナにムニシパルのアルベルゲ(26ベッド)ができたようです。まだgronzeに掲載されておらずガリシアの観光局も情報を把握していないようでパンフやネットにも載ってません。手前のアルベルゲやツーリストインフォの地図に手書きで書き加えてあったのを見ました。行ってみて、ちゃんとやってたらお知らせします。

以上です。道中お気をつけて。よい出会いがありますように。
 

/57